気になる!ファンドラップの仕組み

ファンドラップとは何か

ファンドラップは、証券会社などの専門家に資産を預け、運用を一任できるというサービスを行っています。実際の運用に当たっては利用者の運用目的などを聞き取り、それに応じたプランを作成、運用してくれます。その性質から、短期よりも長期の投資に向いているサービスです。
ファンドラップを利用すると、自分で投資をする場合にやらなくてはならない投資先選びや、市場の変化に応じた変更などをせずに済みます。一方で、定期的に運用報告をしてくれるので、状況の確認を行うことができるので安心です。
このように、ファンドラップは投資の知識がない場合や、投資のために時間をかけるのが難しい、という人にとって投資運用を運用会社に一任できる便利なサービスです。

ファンドラップの手数料

個人で行う投資信託の場合、気になる手数料は信託報酬と販売手数料です。投資信託を持っている間は必要になる信託報酬は、ファンドラップでもかかりますが、販売手数料はかかりません。その代わり、ファンドラップフィーが必要になります。ファンドラップフィーとは、投資顧問料、取引等管理手数料とも呼ばれるもので、資産の総額によって変化します。定額ではなく、資産の時価評価額によって一定の金額がかかる、という方式です。運用資産の額が大きいほど、手数料も大きくなる、ということになります。
資産運用に関して幅広いサービスを受けられるファンドラップですが、そのサービスに対して手数料が妥当かどうかは人それぞれです。ですが、有用であるということに変わりはありません。